母の入院、心不全でした。

10月は仕事が忙しく、私自身の体調も悪かった。

疲れが溜まると動悸、息切れの症状が強くなりキツくなる。

あまりにしんどい時は横になる。

自宅で作業しているので、急ぎの仕事はひっきりなし。

有り難いが体が持たないため、会社に頼み量を調整。

これが10月前半。

後半は休みながらなんとか作業。

ですが家族の体調に異変あり。

母が呼吸困難になりました。

深夜3時頃に父親が起こしにきた。

具合悪いってよ?

慌てて母の所に行くと、ゼーゼーしている。

自力で息ができていない。

運転免許は兄貴だけ、たまたま部屋で寝ていた。

兄貴を起こし、母を病院に運んだ。

診断は心不全。

レントゲンを見せてもらったが肺が真っ白。

水が限界まで肺に集まり、呼吸困難に。

心臓の肥大も確認、動きも悪い。

急におきたのではなく、慢性的に少しずつ悪くなったらしい。

母は透析患者、糖尿から慢性腎不全になった。

尿が出なくなって体内に溜まり、肺に集中。

肺はスポンジのようなもの、たくさん吸いびしゃびしゃだった。

利尿剤は使えず、人工透析でどんどん水を抜くしかない。

自力で呼吸できないため、酸素マスクも使う。

どうなることかとハラハラした。

透析でどんどん水を抜く。

一回で3リットルも抜けました。

日をおうごとに、体調は安定。

みるみる元気になり、一安心。

いろいろ検査をしていて、心臓の弁が固くなり開きにくい状態であることが解りました。

手術の話も出ましたが、高齢でリスクもありすぐには決められない。

来週、治療について先生と話し合う予定。

本人は元気になりました。

でも心臓は弱っています。

たまに胸が痛いときもあるし、目眩や吐き気もあります。

まだまだ時間はかかりそうです。

父親も体調が悪く、酒を飲んでいない。

俺も調子が悪い。

困りました。

ワンちゃんも癌、もう手術は出来ないと言われました。

苦しませるのは可哀想なので、最後は病院で注射して楽にしてあげましょう。

安楽死。

可哀想で泣きました。

ギリギリまで家族の側に置き、どうしようもなくなった時は連絡しよう。

ツラいですが、家族は最後まで面倒みようと決めました。

ワンちゃんは食欲もあり、元気。

ですが腫瘍が自壊して臭います。

出血もある。

しんどいですが、後悔しないようにお世話しようと思います。