今週の正々堂々ロボットスポーツ#8 風のスタジアム、後期優勝決定戦!

W杯日本代表、善戦でしたね! サッカーの祭典と同時にこちらも盛り上がっております。「疾風!アイアンリーガー」略してIL、怒涛のドラマの15、16話です!

いよいよ試合当日、午後4時にキックオフが迫ります。風の街キングスレイに急ぐシルバーは強風で閉鎖された空港に着陸を決行。大勢のファンやジョージィが見守る中、GZとマグナムの操縦で強風に対抗しギリギリ着陸。ですが工場長はボロボロの現状で試合は無理と出場に反対します。が全員の熱意に押され、空港の牽引車を無断で拝借、スタジアムへ急ぎます。しかしギロチが妨害工作を命じたそばから渋滞が。するとマグナム達は車を降りてダッシュ! 残されたルリー達の元へサポーターキッズが現れ、映画撮影ブースへと案内します。そこで待っていたのは世界的スター、セーガル。彼を目当てに渋滞が発生していたと…ん、ギロチの命令と関係あるの?

一方マグナム達はダメージの蓄積が響き、思うように走れず焦ります。ですが追い付いた工場長の叱咤激励、そしてセーガルが貸してくれたシャトルで何とかスタジアムに到着。しかしそこのメンテルームはがらんどう、荒れ果てて何もありませんでした。どこまで卑劣なんだよダーク!(怒)このままメンテなしで戦えば取り返しの付かないダメージを負うかもしれない、それでも戦わずに負けるなんて冗談じゃありません。しかしどうにもならないこの状況…ルリーは悔しさを爆発させながら棄権を決断。優勝よりもリーガーの未来を優先します。今は無理でもいつかダークを見返してやる、と泣きながら…。そこへセーガルが現れ、オイルや機材の援助を申し出てきます。マグナムとリュウケン、GZ、シルキー達が遂にピッチに登場! 試合に間に合いました! 工場長もようやく本領発揮、次々とメンバーのメンテをこなしていきます。彼等の思いを受けて闘志を燃やすマグナム。アイアンリーグのあるべき道を示す戦いが始まります。

ピッチにはゴールドフットの他、アームにマスクまで待ち構え、ダークプリンスは総力を結集。シルバーが氷原にいた間も彼等は対策を立てていたのでしょう、強風を巧く利用して先制点を入れます。対するGZは機動力と重装甲で活躍! ゴールド三兄弟とスーパーヘッドの猛攻にリュウケンとブルも立ち向かいます。次々にメンバーがメンテを終えますが、サッカーの要であるウインディは時間がかかり、焦るあまり工場長に電源を切られちゃいました。ですが何ということでしょう、試合に出たい熱意がロボの機能を超越し、ウインディは動き出します! 驚く工場長ですがその思いを汲み、遂にウインディもピッチに登場! そして「グラウンド整備が大変そう」と心配になる威力のマッハスピンで同点! 試合は大詰め、そんな中十郎太は風の流れに集中し、突破口を見出してウインディに合図。それを瞬時に解したウインディは強風を利用、マグナムとトップジョイも空へ飛び出し、風を味方にした必殺シュート「ミストラルボンバー」が炸裂! これが決め手となり勝利、シルバーはアイアンリーグ初のフェアプレーでの後期優勝を果たしました。

それを見届けたセーガルはギロチと通信、ルリーや子供達には見せなかった禍々しい笑みで「父さん」と…とっ父さん!? あんたギロチの息子かい! 母親誰だよ!! モニターには謎の機器も映っていますし、ギロチ譲りの狡猾さと残虐性を備えているのかも。彼も今後要注意ですね。しっかし似てない父子だな…あ、悪そうな目つきは似てるかも。

次回、ルリーもトップジョイも緊張する挑戦って何があるの? 次回の放送は7月15日です。

16話は久々の試合、BGMもカッコ良くて面白かった~。ILのサントラ、もしご興味ありましたら是非お求め下さい。燃え上がりますよ。

それでは次回、#9でお会いしましょう!