4年ぶりに活躍、雪掻きスコップ!意外な使い方も?

玄関に置きっ放しの雪かきスコップ。

4年前に買ったきり、一度も出番がなくホコリをかぶっていましたが・・・。

今年は、日本海側を中心に連日の大雪。

太平洋沿岸の私の町にも、どっさり雪がつもりました。

慣れない雪かきって本当に大変。

チリトリでカリカリと雪を削る、近所の奥様たち。

雪が踏み固められてしまうと、チリトリではとても太刀打ちできません。

「スコップ買っておいてよかった~!」

さすが専用の道具は、効率が違います。

ひと冬で何度も活躍してくれましたよ。

今年はこの雪かきスコップ、意外な場面でも登場。

5歳の娘のための「専用の鉄棒」になってくれているんです。

逆上がり特訓中の娘。

近所の公園で練習するも、なかなか努力が実りません。

子どものための教則本を読んでみると、「室内で傘を使う」訓練が紹介されていました。

①仰向け状態で寝転びます。

②閉じた傘を鉄棒に見立てて、胸のところに構えます。

③子どもが勢いよく足を頭のほうへ振り上げたところで、両親が端を持ち、ぶら下げます。

これを我が家でも実践。

でも、大人用の傘は太くて掴みにくそう。

そこで登場したのが、今年大活躍の雪かきスコップだったんです。

これは便利!!

娘、現在17キロですが、いまのところスコップが折れる様子はなさそうです。

年明けから練習を始めて、約2ヶ月。

まだできるようにはなりませんが、楽しく練習していますよ。

家の中で鉄棒がわりになるものといったら、他には「ものほし竿」くらいしか思いつきません。

雪かきスコップはベストなのではないでしょうか。

本来の使い方ではないので、子どもの体重やスコップの柄の材質によってはもちろんリスクあり!

マネするかどうかは慎重にご判断くださいね。