電車にも火が燃え移るという事実

沿線での火災が電車に燃え移るという事故が起きました。

普段から利用をしている鉄道会社なので、本当にビックリしました。

電車に火が燃え移るなんてこと、予想をすることができませんでした。

そういえば、以前新幹線の中で焼身自殺を図った人がいて、車両が燃えてしまったという事件がありました。

その時の事件は車両の中だったので、座席などが燃えてしまうのはなんとなく分かります。

でも今回は電車の屋根が燃えたというので、金属でできているであろう電車の屋根が燃えるものなのか、と不思議に思いました。

この事故は誰の責任でもないと思います。

消火活動のために電車をストップさせてほしいと消防隊員から要請された警察官が踏切にある非常停止ボタンを押した。

この非常停止ボタンは踏切の異常を知らせるためのもので、電車すべてがストップをする仕組みになっているということでした。

電車の運転士は沿線の建物火災には気付かず、通過をした踏切の安全確認をした、というマニュアル通りのことを行っただけです。

たまたま火災現場の真横で停車をしてしまったというだけだと思います。

これからは鉄道会社、消防、警察が連携をして対応をする共通のマニュアルが必要なのかもしれません。