妹が夫婦喧嘩で悩んでいるようです

妹が「旦那とケンカばかりする」と、愚痴をこぼしに帰ってきました。男と女が争ってしまうのは、お互いに見ている世界が違うからです。

男の人は結果を重視する傾向にあります。どんなに辛くても、最終的な結果さえ良ければ、すべて良しと考えます。対して、女性は過程を大切にします。いくら良い結果を出しても、辿り着くまでの道のりが苦しかったら、素直に喜べません。個人差はあります。

男性からすれば「上手くいったのに、なんで嫌そうな顔をするんだ」と思うでしょう。女性が欲しいのは「たくさん辛いことがあったけど、よく乗り越えたね。頑張ったね」という労いの言葉です。

成功するのは嬉しいことです。でも上手くいった瞬間に、今までの苦労が無かったことにされてしまうのが悲しいのです。たとえ成功しても、今までに辿った道のりは消えて無くなりません。

あと、悔しいんです。もっと早く成功していれば、こんなに苦労しなくて済んだ。耐え忍ぶ必要も無かった。時間を返してほしい。女性は根に持ちやすいです。何十年も昔の出来事を引きずり続けます。

男性からすれば、イライラするかも知れません。でも、怖がっているのは本人なんです。怒らないであげてください。「もう怖いことは終わったんだよ。怯えなくて大丈夫だからね」と言ってほしい。悪夢は終わった。そう抱きしめてほしいのです。