ヨガについて

今日、先ほどヨガインストラクターで有名な吉川めいさんのDVDを見ていました。

今日見たのは、エクササイズ用のDVDではなく、吉川めいさんのヨガジャーニーに関してのDVDです。

このDVDは、収録されてもう何年も経ちますが口コミが良かったので購入しました。

吉川めいさんのヨガプラクティスやアメリカやインドでのヨガライフについて収録されたものです。

とても見ごたえがあり、すっかり見入ってしまいました。

また吉川めいさんの人柄にすっかり魅了されてしまいました。

いつもはDVDのヨガをしている姿しか見たことがなかったのですが、ヨガジャーニーのDVDを通して吉川めいさんの人柄の良さや明るくポジティブな人柄を拝見することができました。

このDVDを見てから吉川めいさんのことがもっと好きになりました。

DVDを楽しんで見たあとは、私もヨガをやってみたくなり行いました。

ヨガを行うと、心も身体も浄化されていくような感覚になります。

しっかり身体を動かすので運動不足を解消できるし、ストレス発散にもなります。

私が行っている運動は、ヨガとウォーキングですがヨガは自宅で手軽に行えるところも魅力的です。

ヨガもウォーキングと同様、有酸素運動なので私はそれなりにダイエット効果があると思っています。

ヨガは毎日でも行いたい私の大好きな運動です。

これからも続けていきたいと思います。

今日食べたものや家事について

今日は、朝食にフルグラとサラダとみかんを戴きました。

最近は、朝食にフルグラを食べることが多いです。

作るのも簡単だし、美味しいし、美容や健康に良い食材が入っているので気に入っています。

以前まではフルグラを食べるとき、牛乳をかけて食べていましたが最近では、ヨーグルトを混ぜて食べるようになりました。

ヨーグルトをかけたフルグラもとても美味しいです。

そして昼食は、ホットドックを手作りしました。

キャベツをカレーパウダーといっしょに炒めて、パンにきゅうりとハムを乗せてオーブンでカリっとなるまで焼きます。

焼いたら少しだけケチャップを付けて戴きます。

カレーパウダーが良いアクセントになって、とても美味しかったです。

それから少しだけ家事をしていました。

まずは食器を洗いました。

CMでもお馴染みのジョイを使ってサクサクと洗い物をこなしていきました。

もちろん寒いのでお湯を使って洗います。

洗い終わったら、シンクもきれいに洗いました。

それから洗濯物をたたみました。

最近はとても寒いので、朝洗濯しても乾くまでに2日かかることが多いです。

しかし柔軟剤の素敵な香りに癒されて楽しくたたみ終わりました。

そろそろ晩御飯の準備に取り掛かろうかと思います。

私と家族と今年の抱負

お正月は実家に帰省した。

帰省と言っても、”実家から職場に通った”というのが正しい。

私には仕事納めというものがなく、大晦日も元旦も働いた。

だけど、正月くらいは家族に顔をみせたい(正確には見せてやりたい)。

そんな思いで実家から職場に通ったのだが、朝は早く、夜は遅い仕事の特性上

「ただいま」と帰った頃にはみんな寝ており

「いってきます」と出て行く時にはまだみんな寝ている。

結局実家に帰った意味などあったのだろうか。

そんな思いを抱きつづ、今日も玄関の扉をあけた。

三が日の仕事が終わり、

「ただいま」と家に帰るとめずらしく部屋が明るかった。

「おかえりなさい」

久々に返ってきた言葉。

「やっと年始の仕事終わったよ。明日はやっと休みだ」

「明日は逆にみんなが仕事だけどね。お前が起きる頃にはみんないないよ」

そう言って父と母は寝室へと向かう。

明日になると私はまた仕事はじめで家をでていってしまう。

みんなが家に帰ってくる前にでていってしまう。

休みだけど、最後くらい早起きしようか。

そんな意気込みで眠りについたけれども

年末年始の疲れは正直で

「仕事行ってくるよー」

という母の声で目を覚ました。

いけない、お見送りくらいしよう。

そう思いながら、重い身体を起こし母のもとへと向かった。

「よーし、今年も頑張るぞー」

なんていう母の意気込みに

「おー」

と、気の抜けた返事をしてみた。

身支度を整えながら母は言う。

「お前は頑張んなくて良いよ、今まで頑張ってきたんだから」

まだ半分寝ている状態で

そっと胸が熱くなった。

そうか、頑張らなくて良いのか。

今年は、頑張らないことにする。

信さん、炭坑町のセレナーデを観て

地元に小さな映画シアターができたので、行きたいなぁ~と思っていたら、友人から一緒に行かないとメールをもらい、観に行って来ました。

炭坑を舞台にした映画で、ふるさともロケになっているので、もしかしたらこの場所かなと思いながら、感慨深かったです。

親と子、友達同士、年上の女性への憧れ、色んな人間模様があり、引き込まれながら、あっという間に終わりました。

炭坑マンという職業、今は忘れがちになっているので、こうして観れた事は、よかったです。炭住で暮らす人々の姿、貧しい中にも、明るく生きようとする姿も描き出されていました。昭和30年代は、こんな感じだったのでしょう。友情も、今よりも深い絆で結ばれていたように思います。

炭坑で働く人たちは、いつ事故に遭うかわからないという危険が伴っています。映画の中でもその事故が起き、たくさんの人が命を落とす場面がありました。

主人公も亡くなってしまい・・・悲しかったです。

友達と3人で観たのですが、みんな号泣。感動を分かち合えてよかったです。帰りの車の中でも、感想を言いながら帰りました。

小さな映画館、少人数で観るのも、いいものです。ゆっくり感動に浸る事ができました。また行きたいと思いました。

近くにできた新しいカフェに行ってみました。

前からよく使用していたカワチというドラッグストアの駐車場にできた「コナズカフェ」に行ってきました。

10:30に友達と待ち合わせをしたのですが、すでにたくさん人が入っていました。

少し席があくまで待っている間に、メニューを説明してくれました。

ハワイアンなパンケーキとコーヒーが人気のお店でした。

パンケーキも食事のものもありました。

サーモンサラダのパンケーキが気になりました。

またロコモコもありました。

私は生クリームたっぷりのパンケーキと本日のコーヒーにしました。

友達はプレーンのパンケーキにしました。

パンケーキ自体は思っていたよりも軽い口当たりで甘さも控えめでした。

最初の一枚はすぐに食べてしまいましたが、3枚目に入ったころには結構お腹がいっぱいになってしまいました。

シェアして食べている人も結構いるようだったので、今度来るときはシェアして食べてもよいなと思いました。

飲み物をテイクアウトすることもできるようなので、今度、買い物のついでによるのもいいなと思いました。

カフェにいった次の日に美容院に行きました。美容院のスタッフさんも同じカフェに行ったそうです。

アサイーを使ったドリンクや削りチョコのパンケーキがおいしかったそうです。

今度食べてみたいです。

人の情けに感謝

毎月毎月、何かと忙しく公共機関で、親の必要のために奔走している私だが、先日、とんでもない失態をしてしまった。
色々用を足し、お腹もすいたので近くのイートインのあるパン屋で昼食を食べた、お財布を出そうとリュックの中を探して、ギョッとした。
カードケースがない!どこを探してもないのだ。

コンビニのポイントカードがほとんどなのだが、そんなカードは、まあどうでもいい。1枚クレジットカードが入っていたのだ。
見る見る、顔が青ざめる。うそ、、どこでなくしたのだろうか?まさか、親のいる介護施設の部屋に忘れたのか?
慌てて引き返して部屋に戻った。しかし、どこを探してもない。パニックである。

ここは都会のど真ん中、バスの中で落としたのか?待てよ、そう言えば地下鉄でカードをチャージした時、落としたんだろうか?
失意と落胆が私をおそって、何も考えられない。でもふっと思った。地下鉄の事務所の電話をスマホで検索しイチかバチかで、カードケースが落ちていないか電話して聞いてみた。
聞いてみるものだ。この殺伐とした都会の、不特定多数の人間が行き交う地下鉄で善良な方がいたものだ。拾って届けてくださった方がいたのである。

早速地下鉄事務所に行って、手続きをとって引き渡してもらった。落としてから、数時間は経っていたと思う。ああ、人の情けに感謝感激の一日であった。
今度は、私が何かを拾ったら届けてあげようと誓うのであった。

最近は猫に会いに公園に足を運んでる

今日は散歩をしてきました。いつもならウィンドウショッピングを楽しむためにお店に行くことの方が多いのですが、最近は近所の公園に行きます。
そこに野良猫が住みついているということを知ってから、また会いに行きたくなったのです。どうやら誰かが餌をやっているようで、おじさま方によれば3匹くらいいるとのこと。
今日行くと、いたのは1mまでは人間に近づくけど、それ以上は警戒して寄ってこない子でした。以前いたベージュの人に懐く子にも会いたかったのですが、今日はいませんでした。

買い物に行くと言っても、思えば私はペットコーナーがあるホームセンターに足が向かいます。どうやら動物が好きらしいことがわかりました。
ペットコーナーは狭いところに入れられていてそこまで好きだとは思わないのですが、元気かどうか様子を見に行っている感じですね。

猫や犬、家で飼いたいとは思いますけど、もっと自然のある大きな空間で過ごせた方が気持ち良いだろうし、家族も反対するだろうから顔を見に行くだけです。
今度あの公園に行く時には人懐こい猫もいたらいいな。公共の場だし野良猫には餌はやりませんが、会えたらそれだけでちょっと嬉しいのです。寒いから暖かくして過ごしてほしいです。

カーテンを開けるとひらひら舞う雪

とても冷え込む朝、外に比べればまだ暖かいとはいえ、家の中も相当な寒さで布団から出るのが億劫です。でもはいずるようになんとか布団から出て、雨戸とシャッターを開けると、今朝は雪が舞っていました。積もる、というほどの雪ではありませんが、庭の芝生もうっすらと白くなる程度。一緒に起きてしまった子供らがグズグズ言っていましたが、雪だよ、と伝えると、一気に目が覚めたようで興奮して窓辺に寄ってきました。

ゆき、ざくざく歩きたい。とか、ゆきのお散歩いきたい!とかなんとか色々言いながら、目を輝かせて。

ちょうど日差しも出てきたので、あっという間に溶けてしまうだろうことを伝えると、とたんに涙目になってしまい、またグズグズ……。そういえば、私も子供の頃は雪が降ると嬉しかったな、と思い出しました。降ってすぐのふわふわの雪はもちろん、溶け出して汚れた雪も、なんでも楽しいんですよね、子供って。

ちょっと舞うぐらいの雪を愛でるだけでいいよ、いっぱい降ったら雪かき面倒じゃん、転ぶし滑るし……なんて思ってしまうあたり、疲れた大人とやらになってしまったな、と思います。

今日はなんとかなだめましたが、またたくさん降ることがあったら。童心に帰って、子供とたくさん雪遊びをしようと思います。

今 洋服を買うなら…

学生時代に毎週のように通っていたお店があったんだけど、そのお店がデパートから撤退してしまって、それ以降20年ほどお気に入りの洋服屋さんって無くなったなぁ。

そのお店の服は形はシンプルなんだけど装飾が付いていたりプリントが独特で、絶対他と被ることがなくて、地味だけどよく見るとすごく凝っている作りが好きで。

ブランド自体が無くなってしまったのでせめてそのお店のデザイナーさんが他のブランドで服を出していないかな?と調べたりしてみたけど見つからず。

私と同じように検索してる人も多いみたいで復活してほしいなぁ。

そんなわけで服選びの楽しみもなくなってしまってからは通販で買うことが多くなった。

そうなると失敗しないように無難なものを選んでしまう。

年齢を重ねたこともあって可愛さよりも機能性重視になったので靴もほぼスニーカーだしな。

楽だし、好きなんだけどちょっとおしゃれしてお出かけっていう時の服がない!

服は何とかごまかせても靴がない!昔のパンプスを履いてみたけど足がすぐ痛くなっちゃって疲れる疲れる…。

だけど雑誌やテレビなんか見てるとこれで成立してるんだ?というような色の組み合わせもありのようだし。

ヒルナンデスのファッションのコーナーをよく見るけどしまむらのようなプチプラのお店でもそれなりにおしゃれなものがあるんだなぁ。自分でもできそう。

あまり無難な色に偏らないようにちょっと冒険してみてもいいかな、と思った日でした。

村田修一選手の移籍先はどうなる?

巨人をまさかの戦力外通告され、未だ所属球団が決まらない村田修一選手。その理由の1つはやはり年齢だろう村田選手の場合救いなのは巨人で活躍出来ていないわけでは無く

活躍は出来ていたのだが、チーム事情により出場試合が減ったというだけの話です。そのため他の戦力外通告選手とは別物だと考えて良いと思います。しかし、今のところ若い選手を必要としている球団は多いのです。

しかし、年齢を重ねた活躍年数の限られた選手は、どこの球団も欲しくないのです。また、優勝していない球団は来年チームを無理矢理にでも弄り優勝をさせないとならない

そのためには、ベテラン選手は必要ではないと言う事になります。年俸もそれなりに高く活躍年数が少ないのなら、先の長い若手選手を使いたいのは少し考えれば解ることです。

そんな難しい状況に陥るという事になってしまいます。丁度村田選手はそこに差し掛かっているのです。まあ巨人が村田選手を戦力外にした理由はいくつか考えられます。

フリーエージェントの権利を持っていたため、そのまま在籍させてFA宣言されると、多額の金銭を払う必要があるからです。それを回避したかったと言うのが本音だと思います。

巨人がもし優勝していれば、村田は在籍していたと思います。優勝を逃すと普段触らないところにも触ってしまう。これは仕方が無いようです。