やっと出したこたつで迎える新春

こたつを出そう出そうと思っていて年を越してしまいました。やっと本日思い立ってこたつを出しました。東京の冬はあまり厳しくない上、今年はあたたかい12月だったこともあって出さずにいました。だんだん億劫になってきていて、ストーブで我慢していましたがやっとしつらえました。おかげで、生活にやっと落ち着きが取り戻せた感じがします。
しまってあったこたつ用の敷布団や掛け布団をきちんと引っ張り出して使うことにすると、その分のスペースも空いてなんだか気持ちがすっきりします。ロフト部分にちょうどよい置場所があることに去年から気がついてそこに設置しています。しかし、去年の教訓で掛け布団は何重かにして改善しました。これで、冬、いや、いい新春が迎えられそうです。

ミニカー相手に「前にならえ」で劇の練習をしています。

「前にならえ、前にならえ」リビングから息子の大きな声が聞こえてきます。

何をしているのかな?と、息子のほうを覗いて見ると「前にならえ」の号令と共に、ミニカーを綺麗に並べています。

思わず、吹き出しましたが、きっと幼稚園の劇の発表会の練習で、毎日、整列の練習させられているんだろうな、と思いました。

一人っ子で集団行動が苦手な息子は、いつも順番を抜かしては、先生や友達から注意されているようです。

もしかしたら、先生の「前にならえ」の号令が頭について離れないのかもしれません。

まぁ、家でミニカー相手に練習している息子を見て、やる気はあるんだな、と思います。

もうすぐ劇の発表会、「前にならえ」の練習の成果を見せてもらえるよう、息子の成長を楽しみにしています。

東北大震災の大川小訴訟の一考察

東北大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福を,まずお祈りいたします。テレビで遺族の訴えていた大川小学校の避難についての過失訴えが勝訴したとのニュースがやっていました。正直な気持ちとして,「なんで???」という思いです。

ネットで調べたら,教員は広報車などの情報で津波がくるのを理解できたとのこと。遺族側の気持ちとしては,回避できたと強い気持ちをもたれるのは当然だと思いますが,司法が決断したことに驚きと残念な気持ちでいっぱいです。私は千葉県ですが,どこの先生方も一緒です。子どもの安全を守るのは当たり前のことですが,あの状況下において先生方は,「子どものために,子どもの安全のために」と,きっと考えての行動だったと思います。子どもを放り出して,自分だけで逃げたなら過失でしょうが,自分の家族も心配だったと思う中,大切なかわいい子ども達をどのように守るか,きっと真剣に子どもの命を考えたことと思います。個人的な意見ですが,今回の司法の結果には大きな疑問が残りました。

親子ケンカは、美味しいもので仲直り。

この1年、就職試験を失敗し続けている長女と私の関係が微妙に変です。遅い反抗期?たぶん遠い昔、私もそうだったように自分でわかっていることを母親に言われるのが、無性に嫌なんだと思います。理解はしてる、しているんだけど言っちゃうんですよ~。長女も教習所や学校の試験も落ち着いてきてやっと頭の中が就職のことだけになってきたこの秋、なんとか長女と私も日常会話を取り戻しつつあります。

ちょっとぽっちゃり系の長女と私。食欲の秋でもあるし少しずつ時間も空いてきているようなので、就職して親元を離れる前に仲直りしておきますか!春から始まる新卒の給料での一人暮らし、ここは親の力の見せ所!?困ったときには頼ってもらえるように、泣き言をこぼせる実家であるために、まずは美味しいものでも食べて仲直りしましょう~、っと。

温泉でゆっくり、いい1日を過ごせました

福井県にある芦原温泉に来ました。

駅周辺は特に何もありません。

観光目的ではなく、温泉目的で来たので何もなくても気にはなりません。

駅から旅館までは近いので友人とゆっくり歩いて行きました。

ゆっくり歩いているとバスが横を通り過ぎて行きました。

「あれ?なんで?」バスを見るとデカデカと「ちはやふる」と書いてあり、アニメの絵がバスに描いています。

何も知らずにきましたが、どうやらここはちはやふるに出てくる「綿谷 新」の出身地という設定だそうです。

「へぇ?」と思いましたが、ちはやふるという漫画をしっかり読んだことがないため、私はいまひとつピンときませんでしたが、友人は、広瀬すずちゃん主演の映画「ちはやふる」を観ていたらしく、きゃっきゃと喜んでいます。

そんなに喜ぶなら、旅館までバスに乗ればよかったなと思いましたが、あっという間に目的の旅館についてしまいました。

驚くことに旅館のまわりにも特に何もなくても田んぼや畑が広がっています。

「のどかだわ?」と外の風景を眺めていると友人が「明日、あのバス乗ってもいいかな?」と聞いてきました。

やっぱり乗りたいんだねと思ったので、「いいよ、あのバスに乗って東尋坊へ行ってみよう』と返事しました。

温泉に入って、美味しい食事を頂いてまた温泉に入って、ゆっくりしたいい1日でした。

ペーペーサラリーマン・ドバイ旅行②

ドーハ経由でドバイに到着した後、予約したホテルを目指して市街地に行くためとりあえず外へ!

日本で事前に下調べをし、ドバイ国際空港からホテルまではタクシーで15分、徒歩で30分くらいだったので最悪歩きでもいいや!と思ってルンルン気分で外に出たとたん、中東特有の多湿な暑さが身を包み、「あかん…これは無理や…」と一瞬で悟り空港へ引き返しました。

中東(ドバイ)の暑さは、日本にない暑さで初めての人は慣れるまでは少し辛いかもしれません。不快指数がMAXです!(笑)

クーラーガンガンの空港に戻り、とりあえずベンチに座り、交通手段を調べようとスマホを取り出す。空港のフリーWi-Fiへ接続のするため設定をイジイジ…しかしいっこうに繋がらないWi-Fi…なんで!と思いつつ事前に借りてたポケットWi-Fiをキャリーバッグから取り出し電源ON!!そしてスマホをイジイジ…繋がらない。えっ!(汗)と慌てだす。場所が悪いのかなと思い空港内をウロウロ。途中日本人ぽい男の人を発見し、しゃべりかけて来ないかな~と思い日本人らしき人のとなりを困った感じをあざとくだして何回も通る。中国の人かな~と思いつつ恐る恐る「すいません!」と声ををかけると……続く

いつになったらお父さんなんて嫌いと言われるのだろう?

最近長女の甘え方が激しい。

4歳になるのですが、ママと2人でいる時は1人でトイレにも行けるし、服も着替えれるみたいなのですが、自分がいるとかならずと言っていいほど「1人じゃトイレに行けない。」とか「1人じゃ着替えられない。」と甘えてきます。

嫁は「自分が甘いからそうなるねん。」と言われました。確かに嫁は長女が着替えられないと甘えて時には「知らん。着替えられないなら裸でいたら。」と冷たくあしらいます。自分からしたらもう少し相手してやれよって思うくらいです。

確かに毎日一緒にいて同じ行動しているのでそういう扱いになってしまうのも仕方ないのでしょうね。父親として女の子になついてくれているのは嬉しいですが、4歳なので徐々に自立もしてほしい複雑な気分です。

昼間から楽しい楽しいバーベキュー♪

近所の人にベーベキュー誘われたので行ってきた!

急で手土産なくてどうかなって思ったけどキュウリがいっぱいったので「ぐるぐるキュウリ」を持って行った☆

キュウリの中心に箸をさして包丁をあてながらぐるぐる回して切って調味料にちょっと漬け込んで完成!

冷たくて美味しいし食べやすいのだ?

面白いかな?って恐る恐る持って行ったら大うけで子供達が一番喜んでくれたのでホッとした!

昼間からビールを飲んで肉を焼いて食べて幸せだったぁ♪

愛犬が窓からチラチラ見えるのが愛らしくて途中から連れてきちゃったし(笑)

小さい子と遊びたいらしく大興奮!

ホースで水かけてもらって楽しそうだった

晴れてたからすぐ乾いて助かったわ☆

ドライヤー嫌がりますからね…

子供がいなくても誘ってもらえて嬉しかったです!

次は早めに行っておくれ!お土産準備しておくから

明日は来客!しかも、待ちに待った物が届く!

まもなく臨月を迎える私のお腹はパンパン!

明日は、楽しみにしていたベビーベッドと、コンビラックが届きます。

新しいものじゃないけれど、赤ちゃんはやたらとお金がかかるもの。しかも、2人目。買ったら相当な出費になってしまうので、従兄弟に借りることにしてました。

それがやっと明日届く。楽しみだな~!

それが届くと、ベビールームの準備完了な感じなんですよね。あとは産まれてくるのを待つだけな感じ。なので余計楽しみ。

前回の出産は逆子な為、帝王切開での出産でした。

なので今回の出産も帝王切開。

手術日はあと10日ほどで決定の見込み。

制限ばかりの妊婦生活もラストスパート!頑張れ私!

産まれたら産まれたで大変だけど、待望だった第二子誕生を心待ちにする今日この頃です。

節約も考えて消化

ここのところ、食品の購入数が多くなっていて数日前までは冷蔵庫が満杯状態でした。

冷蔵と冷凍庫、両方のスペースがきっちりで非日常ということは買い物する品目をセーブ。少し減らした方がよいということですね。

白菜の大きかった1/2はお鍋や味噌汁に使ってひと回り小さくなり、ちょこちょことしたスペース、節約を考えるなら冷蔵庫の中身をほぼ消化したところでお買い物がベスト。

品目多いので購入金額もアップしてるはずですから、平常心の節約精神をリセットするタイミングと思いました。

最近忙しくてパック入りの惣菜など利用してましたから、お野菜消化するにはちゃんとお料理すべきですね、煮物でも作ろうかなと考える夕暮れ、冷蔵庫のお掃除、これも消化できたら必要分。